CDプレーヤー/複合機の修理、買い取り
2021. 8. 2 更新

手元にある動かなくなったオーディオ機器を修理させて頂きます。このサイトで販売している機器の殆どは、弊方にて修理・メンテナンスを行っております。修理の様子の一部をYoutubeにてご覧ください。
但し、対応できる機器は限定的で、故障の内容によっては、修理または買取・下取りできない場合もございます。 先ずは、お手持ちの機器の状態をお聞かせ下さい。加えて、故障する前の状況は、修理の方向を見定める上でも、貴重な情報になります。
(1)ご自身または他者による修理を試みた
(2)故障前の「CD読み取り状況」および「保管状態」
(3)故障する前の状況
などです。
まずは、お問い合わせ下さい。

[MM-001] オリジナル
C-705用ベルト交換
[MM-002] オリジナル
C-705用ベルト+PU交換
[MM-003] オリジナル
CR-185用ベルト交換
[MM-004] オリジナル
CR-185用ベルト+PU交換
[MM-008] 部品
ゴムベルト(新品)
[MM-010] 部品
フラットケーブル(同)
[MM-011] 部品
フラットケーブル(逆)
     
     

「CR-185とトコトン付き合う」
大人気の「ONKYO/CR-185」について、 全10話にわたり、その構造や故障への対処方法等について、より詳しく説明させて頂きます。そして、より深く「CR-185」を知って頂き、より快適に、そして、「CR-185」と真正面から向き合って下さい。このズングリとした容姿が、可愛らしく見えてくるのが不思議です。
第一話:「CR-185」って、何?
第二話:音飛びがする
第三話:表示が暗い
第四話:ボタン操作が変?
第五話:「CR-185」の故障と原因の関係
第六話:簡単ニコイチ、やってみる?
第七話:CDが中に閉じ込められた!
第八話:何故、CDがよみないとベルトを交換するの?
第九話:本体だけで操作
第十話:「CR-185」を更に深く知る

修理支援(Youtube)
 

本ページの内容    
修理費用について 基本メンテナンスの内容 カセットデッキの修理に関わる補足事項
修理をお断りする場合 一般的な修理費用 修理のお問い合わせから納品までの流れ
買取・下取りについて   [サービス・マニュアル] DLフリー

修理費用について

弊方にて修理をさせて頂く場合の、修理の内容および代金は、以下の通りです。まずは現状をお聞かせ頂き、現症状への対応、将来への予防処置等、最も適切と思われるメンテナンスを提案させて頂きます。
修理をご依頼される前には、【中古品と上手く付き合う50の方法:故障かなと思ったら】や、【動作確認時におけるお願い:Ⅲ章ご自身で可能な正常復帰への簡単な作業】などをご参考にされると、一時的であれ、正常な状態に復帰する事もありますので、お試し下さい。

ヤフオクなどで、ご希望の商品をご購入し、こちらで修理を承る事も可能ですが、症状や状態等は、事前にご相談下さい。ピックアップ不良や部品破損等で修理できない場合もあります。修理をお受けする場合には、出品者からこちらに直送して頂いても構いません。

修理をご依頼される場合には、事前に以下の事項を熟読の上、ご理解・ご了承を賜りたく。

修理代

【基本料:基本メンテナンス費用】

修 理 内 容 金額 備       考
小型CDプレーヤー
基本メンテナンス
4,500円   以下に代表される小型CDプレーヤー/レコーダー
【実績】 BOSE/CDA-8, CDA-12, DVA-15, DENON/CDR-M30, DCD-7.5E, DCD-7.5L, DCD-7.5S, DCD-201SA, DCD-F100, DCD-F101, DCD-F102, UCD-F07, UCD-F10, UCD-F88, UDVD-300, KENWOOD/DP-SE7, marantz/CD110, ONKYO/C-701A, C-705, C-705FX, C-705LTD, C-709X, C-710M, C-711M, C-711MLTD, C-722M, C-722MLTD, C-733, CDR-201A, CDR-205TX, Pioneer/PD-N902, SANSUI/C11, CD-α9, CD-α99, SONY/CDP-S1,CDP-V725, CDP-V750, TEAC/CD-H750, PD-H300, PD-H500i, Technics/SL-P70, Victor/XL-F1, YAMAHA/CDX-9, CDX-10
小型CDチェンジャー
基本メンテナンス
5,200円   小型CDレコーダー,チェンジャーおよびスロットイン式CDプレーヤー等

【実績】 DENON/UDCM-M7, UDCM-M10, UDCM-M10E, marantz/DR110, ONKYO/C-711CHM, SONY/CDP-CE37
TEAC/VRDS他
基本メンテナンス
9,800円   下記に指定する小型CDプレーヤーおよびそれに準拠する機器
(比較的高額なフルサイズCDプレーヤー:独自設計で構造が複雑)
対象機種:TEAC/VRDS-7,9,T1等

【実績】 TEAC/VRDS-9, VRDS-25X
フルサイズ
CDプレーヤー(1)
基本メンテナンス
5,200円   概ね1996年以降のフルサイズCDプレーヤーおよび複合機
※目安として、使用しているピックアップが、下記の一覧に掲載されている機器
【実績】 DENON/DCD-735, DCD-755AE, DCD-1550AR, ADV-700, ADV-1000, marantz/CD5001, CD6002, ONKYO/C-200A, C-702, CR-70, FR-435, SANSUI/CD-α317KR, SONY/CDP-770,, CDP-V725, CDP-V750, TASCAM/CD-160, CD-200, CD-450, YAMAHA/CDX-480, CDX-496, CDX-497, CDX-596
フルサイズ
CDプレーヤー(2)

基本メンテナンス
7,200円   概ね1996年以前の上記以外、またはスロットイン式のフルサイズCDプレーヤー原則として修理はお受けできない
チェンジャーは不可。故障内容の事前確認が前提
【実績】 DENON/DCD-1550AR, DCD-1600, DCD-1610, DCD-3300, DVD-3910DVD-3930, DVD-5000, KENWOOD/DP-1000, DP-1100II, marantz/CD-80, CD880J, Nakamichi/OMS-20, OMS-50II, OMS-70, CD Player 3, Pioneer/BDP-LX91, DV-S9, SONY/CDP-228ESD, CDP-333ESJ, CDP-337ESD, CDP-777ESJCDP-X55ES, TASCAM/CD-01U, Technics/SL-P720, SL-P770, SL-PG460, Victor/XL-E7000, XL-Z531, XL-Z701, YAMAHA/CDX-2000, CDX-2200
CD複合機
基本メンテナンス
6,200円   ①小型CD/MDチューナー・アンプ(複合機)、および
②構造が複雑なCD/DVDプレーヤー
③MDチェンジャー
※但し、MD部の修理は、ピックアップ交換が不可の為限定的
【①実績:複合機】 BOSE/AMS-DMC, AWM, DENON/D-M2, D-ME33, D-MG35LT, MS3, D-MS5DV, RCD-M33, RCD-M37RCD-MX11, RCD-N8, UD-M30, KENWOOD/Kシリーズ, marantz/M-CR611, ONKYO/CRシリーズ, FRシリーズ, Pioneer/PD-P700, SONY/HCD-CP500MD, TEAC/CR-H100, CR-L600, CR-L600/KAI
【②実績:CD/DVDプレーヤー】 KENWOOD/DPF-5002, DPF-7002, ミニクーパーDVDプレーヤー
【③実績:複合機】 DENON/DMA-M10E,
BOSE/PLS-1410他
基本メンテナンス
9,500円   下記に指定する小型CD複合機
※PLS-1410以外はピックアップ交換不可のため下記機種に限定しています
 が、基本メンテナンスおよびベルト交換作業は可能です。
対象機種:BOSE/PLS-1410
【実績】BOSE/PLS-1210, PLS-1410
SONY/HCD-SD1
基本メンテナンス
持病処置,ベルト交換
7,700円  
セット特価  
一般的な「CD複合機基本メンテナンス」に加え、多発する「持病発症」(音が時々出なくなる)への対応+ベルト交換
対象機種:SONY/HCD-SD1
小型カセットデッキ
修理および簡易メンテナンス
6,200円 小型カセットデッキ等
※殆どの場合、ベルト交換(下記の費用追加)が必要になると思われます
故障内容の事前確認が前提
【実績】 DENON/DRR-7.5, DRR-7.5E, DRR-7.5LDRR-F100, DRR-F102, DRR-M7, DRR-M10E, DRR-M30, ONKYO/INTEC185シリーズ,, INTEC205シリーズ, INTEC275シリーズ, K-S7GX, K-SX7
  上記以外の大型カセットデッキ:
 修理および簡易メンテナンス
7,800円   大型(フルサイズ)カセットデッキ原則として修理はお受けできない
※殆どの場合、ベルト交換(下記の費用追加)が必要になると思われます
故障内容の事前確認が前提
【実績】 Nakamichi/Cassette Deck 1.5
  MDデッキ:修理および簡易メンテナンス 3,000円   小型MDデッキ等。原則として修理はお受けできない
※機種により角ベルト:1本の交換が必要になる場合がある
※ピックアップ等の部品交換による修理は不可
故障内容の事前確認が前提
  アンプ類:不具合の修理 3,000円   小型アンプ等の修理。原則として修理はお受けできない
※ボリューム不良、操作不良、スピーカー出力不良等、弊方が対応できる
 範囲(故障内容)に限定
故障内容の事前確認が前提
【実績】 DENON/DRA-F101, UDRA-M7
  ラジカセ類:修理、簡易メンテナンス 7,800円   個別にはお受けしないが、他の機器の修理と一緒にお受けする事は可能。
故障内容の事前確認が前提
【実績】 KENWOOD/MDX-F3, SANYO/Z-JCDL1, Victor/RD-N1
  上記機種以外:基本メンテナンス 要相談    機種により個別に設定 

【追加費用】

  角ベルト交換:1本のみ 1,000円     新品ベルト代込み(バンコード自作の場合もあり)
 ※中古の場合は半額
 ※φ16mm以下の場合は交換不可
  角ベルト追加交換:1本 500円     新品ベルト代込み(バンコード自作の場合もあり) ※中古の場合は半額
  平ベルト交換:1本のみ 1,300円     新品ベルト代込み ※中古の場合は半額
  平ベルト追加交換:1本 800円     新品ベルト代込み ※中古の場合は半額
  ディスプレイ内部クリーニング 500円     フルサイズ・タイプのみ
  外装クリーニング 500円~     外装のクリーニング&キズ補修等。外観の程度は概ねワンランク・アップ
 ※クリーニング効果が得られない場合には、無償とさせて頂きます
  ピックアップ/KSS-213B交換 3,100円     新品ピックアップに交換。対応数量限定
  ピックアップ/KSS-213C交換 2,200円     新品ピックアップに交換
  ピックアップASSY/KSS-213C交換 3,200円     ピックアップおよび関連モーター(ASSY)を新品に交換
  ピックアップ/KSS-240A交換 2,700円     新品ピックアップに交換
  ピックアップ/KSS-210A交換 2,700円     新品ピックアップに交換
  ピックアップ/SF-P101N交換 2,200円     新品ピックアップに交換
  ピックアップASSY/SF-P101N交換 3,200円     ピックアップおよび関連モーター(ASSY)を新品に交換
  ピックアップ/SF-HD60交換 4,200円     DVD用、新品ピックアップに交換
  ピックアップ/H8147AF交換 4,200円     新品ピックアップに交換
  上記以外のピックアップ交換 適価     その時の状況により異なる。対応不能の場合が多い
  ASSYのみ交換 1,300円     対象:KSS-213C, SF-P101N
  ピックアップ交換作業のみ 1,500円     ピックアップをご提供頂き、交換作業のみ行う
  フラットケーブル交換 500円~     新品に交換。※KSS-213Cと同等仕様のみ対応可能。
  トレー周辺メカ交換・修復 1,000円     予備の保守用部品がある場合のみ対応可能。中古品の場合もあり
  ピックアップ周辺メカ交換 1,000円     予備の保守用部品がある場合のみ対応可能。中古品の場合もあり
 スピーカー・リレー交換 1,500円     新品に交換
 スピーカー・リレーのクリーニング 1,000円     新品部品がない場合
 ボリューム,セレクター等の補修 650円     分解して接点をクリーニングします
  タクトスイッチの交換 @150円     操作ボタンが不良の場合:仕様が適合する場合のみに対応
  部品の補充 400円~     予備の保守用部品(中古品)がある場合のみ。ネジ補充は無料
  ※例:ギア、ストッパー、スプリング等
  その他部品交換・修理作業等 要相談     その時の状況により異なる

※交換部品は、基本的に代用品(純正品ではない)となります。
※往復送料を、別途ご負担ください。

 

● 基本メンテナンスの内容

 

  ≪下記のYoutubeにて修理の様子を紹介しておりますので、合わせてご参照下さい。

 ・ピックアップ・レンズ表面のクリーニング、VRの調整

  →市販CD/CD-R認識率の改善、音飛び、ノイズの改善等(できるだけ現ピックアップの調整にて回復を目指します)

 ・カセットデッキのヘッドクリーニングおよび消磁

  →ノイズ、高音域の伸びやかさ、録音・再生不良の改善等

 ・ピックアップ、トレー駆動部周辺へのグリスアップ、グリスダウン

  →音飛びに効果的、トレーの開閉がスムーズに

 ・リミット・スイッチのクリーニング又は接点復活剤散布

  →誤動作に対する予防処置、CD認識率改善

 ・駆動ベルトのクリ-ニング(交換を推奨)

  →トレー駆動がスムーズに。CD認識率も改善します

 ・コンパクトCDプレーヤー等の作業が容易な場合の、ディスプレイ裏面のクリーニング

  →ディスプレイが明るくなって、気持ちが良い

 ・不足ネジの補充、不適切ネジの交換

  →問題ない事が多いですが、気持ちの問題

 ・必要に応じて、フレキシブル・ケーブルの接点改善処置

  →接触不良への予防処置 

 ・必要に応じて、基板上にあるCD読取制御用VRの調整

  →CD認識率の改善、音飛び改善等

 ・簡単な部品修理、補充

  →再生に悪影響を及ぼす場合に実施

 簡単なMDメカのメンテナンス

  →MD部を有する機器の場合に実施。不具合があれば修理を試みるが、PU交換不可のため回復する確率はCD部より低い

 ・簡単な内部、外装クリーニング

  →予防処置と外観品質の向上

 ・トレーの開閉動作やCD認識状況確認

  ※ピックアップの状態を目視的に判断するため、傷や焼きの程度が異なる様々なCD/CD-Rを使用。

  →基本動作(再生, 選曲, 停止, 高速スキップ等)の確認、CDを認識する動作の状態やPUサーボ音の確認

 ・基本動作の確認・試聴

  ※市販CD 1枚~2枚をフル再生

  →実機に接続し、基本動作(再生, 選曲, 停止, アナログ/光出力等)を確認

 

● カセットデッキの修理に関わる補足説明

 

カセットデッキは、内部構造が複雑である事に加えて、コストダウンの都合から限られたモーターでメカを動かすために、故障の原因は多岐にわたります。中でも、回転軸とこれに固定されたギア部において、経年劣化あるいは他の故障に影響を受け、軸とギアのカシメ具合に緩みが生じて、あるいはカシメ部が割れ、駆動力がこのギアを通して上手く伝達できない場合があります。この場合には、部品の補修を試みるも、修理を断念する事が多いです。その発生率は5%程度と推測されます。弊方が修理をお受けする場合の回復期待率:95%以上を鑑みますと、他の要因での発生確率も加味すれば、修理をお受けできない確率となってしまいます。
従い、カセットデッキの修理をご依頼される場合には、上記の状況をご理解いただき、CDプレーヤー等より回復期待値が低い事をご理解下さい。
加えて、1980年代のカセットデッキでは、特殊な平ベルト等が多用されているため、予備の代用品では対応できない場合が多く、原則として修理をお断りしております。合わせて、ご理解を賜りたく。

 

● 修理をお断りする場合

 

 (1)CDチェンジャー, CDレコーダー, CDプレーヤー以外のオーディオ機器
   ※原則的には、カセットデッキ, MDデッキ, アンプ等の単独修理はお受けしておりません。CDプレーヤーとご一緒の場合に、
    修理をお受けする場合があります。その際にも、故障の内容を確認させて頂きます。

 (2)特殊なピックアップを使用しており、上記のピックアップ一覧にない場合(概ね1980年代発売の機種

 (3)純正部品による修理をご希望の場合

 (4)「電源が入らない」や「電源が落ちる」等の電気回路的不具合

 (5)1980年代のカセットデッキ(特殊な平ベルトが多用されていて、代用の平ベルトが用意できないため)

 (6) [持病持ち] 持病持ちの機器達に記載されている機種で持病を発症していて、弊方にて対処不能と思われる場合

 (7)内部の部品破損が明確な場合
  (ご自身で修理に失敗して部品を破損した、あるいは、中で部品が転がる音がする、ツマミ等が欠品、等々)

 ※但し、ピックアップが健全である確率が高い場合、または修理が完了しない場合がある事をご了承頂ければ、修理を試みる事は
  可能です。

 

● 一般的な修理費用

 

 修理のお見積もり依頼は無料でございます

 

一般的なコンパクトサイズCDプレーヤー( 「ONKYO/INTEC205」はセット特価)であれば、基本メンテナンス:4,500円+ベルト交換:1,000円の合計5,500円のケースが殆どです。 ※現時点において動作が正常であっても、ベルトの交換はお勧めしています。

これまでの実績平均では、約20%程度の確率で「ピックアップを交換」しなければならない場合があります。その場合には、上記価格表のピックアップ交換費用が加算されます。事前に症状等をお聞きし、使用ピックアップの型番および概算見積もりを提示させて頂きます。VR調整を含めた基本メンテナンスでCD読み取りが正常化に至った場合には、敢えてピックアップを交換する事はお勧めしません。

ピックアップの交換まで可能性がある事をご了承頂けた場合に、修理をお受けさせて頂きます。現行ピックアップでは、VRの調整を行ってもCDが読み取れない場合には、メンテナンスの作業中にもピックアップの交換を行い、読取状況がやや不安定(読取に時間がかかる、傷の多いCDやCD-Rは読み取れない等)ながらも市販CDの再生が可能な場合には、その旨を報告させて頂き、交換するか否かの判断を仰ぎます。ピックアップ以外の部品交換が必要な場合も同様です。

稀なケースとして、基板等に不具合を内在していたり、動作に重要な部品が破損していたりして、完全に正常回復しない場合がございます。「電源を入れてから暫くすると正常になる」や「周囲温度が低いと再生できない」など、再生するために条件が付与される場合には、「基本メンテナンス費用」を標準価格の75%とさせて頂き、再生機能が全く回復しない(正常動作に至らない)場合には、修理費は無償とさせて頂きます。

また、同一機種で、再度の修理をご依頼される場合には、「基本メンテナンス費用」を標準価格の75%とさせて頂きます。

 

修理のお問い合わせから納品までの流れ

(1)まずは、お手持ちの機種につきまして、分かる範囲にて以下の情報をお知らせ下さい。弊方での修理可否をお伝えします。合わせて、修理費用の概算をお伝えさせて頂きます。
機種名
故障の内容、程度 ※なるべく詳しく。特にCDの読み取り状況。故障の原因を特定するのに非常に重要です
・発症の時期
・使用期間
故障する以前の状況、状態
修理履歴・内容 ※修理履歴がある場合、修復率は下がります。
・ご希望の修理やメンテナンスの内容

(2)修理をお受けする事になりましたら、先ずは、修理依頼品を弊方に「送料:元払い」にてお送り下さい。配送業者が「日本郵便(ゆうパック)」または「ヤマト運輸(クロネコ宅急便)」以外ですと、「中継料」(千円程度)が必要になる場合がありますので、ご注意下さい。お送り頂く際には、基本的には本体のみで結構です。動作確認用のCDやリモコン、特殊な電源コード等、同梱して頂きたい物がある場合には、事前にお伝え致します。
ご参考Youtube:オーディオ機器の梱包

(3)修理依頼品が手元に届きましたら、なるべく速やかに動作確認を行い、修理可否の最終判断を行います。通常ですと、修理が可能と判断される場合には、修理を開始します。ご依頼人様には、その旨の連絡を入れさせて頂きます。
※概ね、到着当日かその翌日

(4)修理が終わりましたら、最終的な基本動作の確認、実機に接続しての音出し試聴を行い、「音飛び」や「ノイズ」等、異常が無い事を確認します。ご依頼人様には、修理完了の連絡と共に、修理およびメンテナンスの内容、修理代金の明細、振込口座等を連絡させて頂きます。修理品の返送は、「元払い」と「着払い」のいずれも可能です。

(5)修理が完了しない場合には、その旨をご依頼人様にお伝えし、現状復帰の上、「送料:着払い」にて、修理依頼品を返品させて頂きます。この際には、弊方にてかかった費用は全額無償とさせて頂きます。返品がご不要の場合には、弊方にて廃棄処分させて頂く事は可能です。

※修理は、その時の作業状況、機器の故障状態により、作業開始が遅れたり、修復までに時間を要する場合もございます。お急ぎの方は、修理のご依頼をお避け下さい

※場合により、設定内容を初期化したり変更したりする場合もありますので、ご了承を賜りたく。

※お引っ越し前後の期間での修理のご依頼はお避け下さい。配送や住所記載にトラブルが発生する可能性がございます。また、ご住所の記載は、過不足なく正確にお願いします。

出張修理はお受けしておりません。また、弊方の商品をご購入時は、こちらからの商品とできるだけ同梱させて頂きます。

 

 

 

買取・下取りについて

上記の「修理をお断りする場合の事例」に相当する場合には、買取・下取りもお断りする場合がございます。

 まずは、お手持ちの機種につきまして、分かる範囲にて次の情報をお知らせ下さい。弊方での下取り可否をお伝えします。合わせて、下取り価格もお伝えさせて頂きます。

  ・機種名

  ・外観や動作に関する現在の状態 ※なるべく詳しく

  ・使用期間

  ・付属品の有無等

 下取りさせて頂く場合の送料は、弊方負担とさせて頂きます。

 

ご協力をお願いします

(1) 修理をさせて頂きます場合には、取扱説明書または製品カタログ等をお持ちでしたら、同梱願いたく。弊方にてPDF化し、取説がなくてお困りのお客様へ提供させて頂きます。

(2) 買取・下取りさせて頂きます場合にも、取扱説明書や付属品等をお持ちでしたら、同梱願いたく。

 

YouTube Library オーディオ修理編
 

・CDプレーヤーの修理

CD110

UDCM-M7

UDCM-M10

UDCM-M10

DCD-7.5L

DCD-7.5E

UCD-F07

C-722MLTD

C-705X

C-705X

CDA-8

PD-N902

CDP-A39

CDP-V725

CDP-A39

CDP-S1

CDP-V725
       

CD-P4500

XL-V400

CD Player3

CD-P1850

CDP-777ESJ

C-200A

CD-α317

DCD-1650

CDP-333ESJ

DCD-830

DCD-815G

C-1D

CDP-790

CD-01U

OMS-50II
           
・CDレシーバー(複合機)の修理

FR-V77

FR-N7TX

NFR-7

FR-N7EX

FR-X7A

FR-N3X

FR-155GX

CR-D1

CR-185X

CR-185
   

D-MG55DV

AMS-DMC

RCD-N7

D-ME33

UD-M31

HCD-SD1

HCD-SE7
・その他機器(CDレシーバー、DVDプレーヤー、カセットデッキ、アンプ等)の修理

DR110

CDR510

DVA-18

DV-410V

MD-185X
 

DRR-7.5

K-505

K-185

KXF-5002

KXF-5002

DRR-M10E
 

RA-15

UDRA-M7
     

 

 


当サイトの文書、画像や写真等を他のサイトにて無断で使用される事を固く禁じます。

 Copyright(C) Stereo Studeo PONY All Rights Reserved Since 2014. ステレオ工房 ポニー
アクセスカウンター